引っ越しの際に気づいたこと。

わが家の引っ越しは、引っ越し業者に運んでもらうが、荷造り等は自分でやる方法を選びました。食器等他の人の手が入るのが嫌だったことと、今どきは食器・服・靴等それぞれの物を運ぶ便利な道具を借りられるという理由です。その為思っていたよりも安価で簡単に引っ越しを終わらせることが出来ました。賃貸マンションから新築一戸建ての引っ越しで、この際、いらないものは新築の家に持ちこまないよう、箱詰めする際に同時に徹底的な断捨離も出来ました。その為、持っていく荷物も大幅に減り、新築の家の収納やクローゼットが余っている空間の方が多いほどでした。これは、これからどんどん物はまた増えていくと思うので、収納の大きさはこれで良かったと思っています。自分で箱詰めして気付いたことです。時間をかけてきれいに梱包しすぎて箱詰めしたものは、開梱するときもっ時間がかかります。簡単に箱詰めしたものは、すぐに開梱し時間がかかりませんでした。引っ越し業者の人はプロです。本当に素早く丁寧に荷物を運んでくれます。特に電化製品や割れ物類は丁寧に運んでくれます。結果食器一つ欠けているものもありませんでした。あまり、やりすぎる梱包は時間がかかるだけだと思いました。

引っ越しはかなりの労力を使う一大イベントです。

頻繁に引っ越しをするという方はそんなに多くないでしょうから、引っ越し慣れしているという方は少ないでしょう。

そういう場合、何から手を付けるべきか分からないということもあると思います。

まず最初にやるべきこととしては、不要品の処分です。もちろん、不要品はただ捨てるだけではありません。ものによっては高価買取をしてもらえることもあります。

ただ、それらを買取してもらうために店舗に足を運ぶのは面倒です。

【参照】その引越し見積もりちょっと待て!引っ越しのサカイ一択の業者選びは危険かも